ウォーターサーバーがあれば、ペットボトルの水を大量に購入する事もなく、大容量の水を安く購入でき、お湯も出るのでべんりですし、電気代もそれほどかからないため、これから節約しようと考えている方にオススメすることができます!

ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーでどれくらい節約できるのか?

投稿日:2015年7月9日 更新日:

ウォーターサーバーを使えば、色々なものを節約することができます。

たとえば水代です。水道の水を飲むのが怖いからと、ペットボトル入りの水を購入している方は多いのではないでしょうか。

節約

ウォーターサーバーで節約

節約ペットボトル入りの水は、たしかに、安い上に大容量で、料理にも使えるので便利ですが、しかし、あまりに安いものでは、安全面に不安が残ります。
正直、一本100円くらいの水を買って飲む意味は、そんなにないと思います。水道水と変わりないようなクオリティのものを飲んでも、無意味ですよね。

したがって、ペットボトルに入っているのでも、高品質なものを買い始めると、一本あたり200円から300円ほどはかかるのが普通です。それに加え、飲み物を淹れたり、料理に使ったりするには、それを温めるでしょう。やかんに入れて沸かすなり、ケトルに入れて沸かすなり。それを毎日繰り返していると、電気代も馬鹿になりません。

しかしウォーターサーバーなら、それよりもずっと安く、高品質な水を、電気代をそれほどかけずに飲むことができるのです。

メーカーによってまちまちですが、水の代金は大体1リットルあたり120円ほど。いつでも冷水を飲むことができるため、冷蔵庫には他の材料をつめておくことができますし、お湯もいつでも飲める上、一瞬で温めるのでそれほど電気代はかからず、総合してみれば、ペットボトル入りの水を買うよりもずっと安いのです。

もちろんこれは、水を飲む頻度にもよります。普段、ペットボトル入りのお茶やジュースを飲む、水を飲むことはあまりないという人は、ウォーターサーバーを借りるとむしろ高くつくでしょう。

しかし、家でよくミネラルウォーターを飲む、仕事先でも500ml入りのペットボトルの水を買う、そういう人には、ウォーターサーバーがおすすめです。

自分の水筒にその水を入れて持っていけば、買うよりもずっと安上がりです。コーヒーやお茶にしても、自分で入れていけば安いですし、ウォーターサーバーの水は美味しいので、美味しいコーヒーやお茶を職場で飲むことができます。
月に1000円から2000円ほどは節約できるのではないでしょうか。そうなるととても嬉しいですよね。

-ウォーターサーバーの基礎知識

執筆者:

関連記事

軟水はどんな場合にオススメ?軟水のメリットとデメリットのまとめ

テレビなどでよく見かける「軟水」。 ウォーターサーバーを選ぶときにも軟水にしよう …

硬水はどんな時におすすめ?メリットとデメリットまとめ

軟水ばかりが取りざたされ、まるで悪者であるかのように扱われている硬水。 これには …

軟水と硬水の違いって何がどう違うのか

テレビでよく目にする「軟水」と「硬水」のワード。 この違いはいったいどこにあるの …

ウォーターサーバーを設置するメリット

ウォーターサーバーを買えば、買い物が楽に! ウォーターサーバーを買うメリットはい …

購入前に知っておくべきウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーを購入する前に、ウォーターサーバーのデメリットについて知ってお …

ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーの料金について

ウォーターサーバーの選び方について

ウォーターサーバー・宅配水業者一覧

浄水器やペットボトルと比較

ウォーターサーバーについてよくある質問