ウォーターサーバーは、水の衛生状態を保つため・故障を防ぐためにも内部メンテナンスが重要!業者によりメンテナンスは無料or有料となりますが、クリーニング機能搭載のサーバーもあるのでとても便利!蛇口やボトル周りの外部メンテナンスも忘れずに!

ウォーターサーバー費用

ウォーターサーバーのメンテナンスについて

更新日:

ウォーターサーバーにはメンテナンスが不可欠です。それを怠ると、水が不衛生な状態になってしまう、あるいは、故障の原因となってしまうこともありますので、注意が必要です。

まず、ウォーターサーバーのメンテナンスには、内部メンテナンス外部メンテナンスがあります。

ウォーターサーバーの内部メンテナンス

ウォーターサーバーメンテナンスのイメージ画像内部メンテナンスとは、ウォーターサーバーの中をクリーニングすること、あるいは部品や消耗品の交換をすることを意味し、業者に頼まなければできません。

ウォーターサーバーの販売とともに提供されるサービスとして、いつでも無料でお願いできる場合もあれば、別料金のサービスとしてお金を取られる場合もあります。その料金も業者によってぜんぜん違いますので、注意が必要です。

これについての詳細は、ウォーターサーバーを購入する、あるいはレンタルする前に知っておきたいですね。
詳しくは、ウォーターサーバーを取り扱っている会社のウェブサイトを確認するか、電話で問い合わせるかしてください。

しかし最近では、ウォーターサーバー内部にクリーニング機能を搭載し、これによって内部メンテナンスが不要となっている商品もあり、それがだんだんと主流になってきています。
内部メンテナンスが面倒だという方には、このタイプの、メンテナンス要らずのウォーターサーバーをお勧めしたいですね。

メーカーによってこの機能はついていたり、ついていなかったりしますので、購入前に確認するようにしてください。

ウォーターサーバーの外部メンテナンス

ボトル外部メンテナンスの種類としては、ボトル周り、蛇口、受け皿の清掃、この三つが主となります。ボトルとは、水を貯めておくタンクのこと。これは取り外しが可能であり、その差込口のところに、どうやら雑菌が繁殖しやすいようです。外気に触れることによって雑菌が繁殖してしまうんですね。

清潔な布で拭き、それが終わりましたら、アルコールスプレーを吹きかけたあと、これを拭っていただければOK。掃除のタイミングとしては、ボトルを交換するときでしょうか。中の水がなくなって、交換をする段になりましたら、ボトルを取り外して清掃をするようにしましょう。
放置して汚いままにしておいては、ウォーターサーバーを使う意味も半減してしまいますので、注意してくださいね。

次に蛇口部分。ここは水が出てくる部分ですから、常に湿っています。これを放置しておけばどうなるかは、おわかりいただけるでしょう。
先ほどと同じように、まずは布で綺麗に汚れを拭き取り、そこにアルコールスプレーをして拭き取りましょう。市販のアルコールティッシュでも構いません。

最後に受け皿。ここには水とともにホコリがたまってしまいますから、やはりこまめに洗う必要があります。
取り外しが可能でしょうから、取り外して、食器用の洗剤を使って洗いましょう。それが終わりましたら、水気をとって終了です。

以上が、内部メンテナンス、外部メンテナンスのやり方です。
ちょっと面倒に思われるかもしれませんが、こういったメンテナンスをいつもしているわけではない水道水は……と考えると、もうウォーターサーバーはやめられませんよね。
綺麗にして、ウォーターサーバーの実力を最大限に発揮させてあげましょう!

-ウォーターサーバー費用

Copyright© ウォーターサーバー料金比較!おすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.