ウォーターサーバーにかかる電気代については、使い方によって変わります。冷水のみでの使用なのか、お湯を使用するのかによって消費電力は違うので、電気代は異なりますが、冷水のみでの使用は1日約38円!衛生的な水を手軽に飲めるのでかなりお得です!

ウォーターサーバー費用

ウォーターサーバーを設置した時の電気代・消費電力について

更新日:

ウォーターサーバーとは、水の容器を設置して、そこから冷水・温水をすぐに供給することができ、最近は会社の中にも置かれていることが結構増えてきましたね。

ウォーターサーバーは、水の宅配会社とのレンタル契約で設置する方式と、ウォーターサーバーを買取し、水の宅配を依頼する方式があり、ウォーターディスペンサーと言われることもあります。

サーバーには、コンセントが接続されており、ほとんどの場合電気を通して使用します。
これによって水を熱したり冷やしたりできるので、24時間、冷水だけではなく瞬時に湯を用意することもできるのです。

気になる電気代は?

ウォーターサーバーの消費電力、電気代

ウォーターサーバーにかかるお金ウォーターサーバーはどのくらいの電力を消費するのでしょうか。
中々見かけない機器であるだけに、どれほど電気を食うものなのか、想像もつきませんよね。それではどのくらいかというと、冷水時には80ワット、温水時には350ワットといったところです。これだけじゃわかりにくいかもしれませんね。

それでは、一般家庭の1KW(1000ワット)あたりの電気料金を20円として考えてみましょう。
20円×80ワット×24時間。これで計算いたしますと、約38円になります。つまり冷水機能のみを使い続けた場合には、一日辺り38円、一ヶ月単位で見れば、1200円弱といったところでしょうか。意外と安い、と思われたかもしれませんね。

しかし、温水機能を使い続けた場合には、これにその料金が加算されます。
ここを不安に感じられる方も多いかとは思いますが、実は、温水はずっと温かい状態に置かれているわけではなく、出す直前に温められるので、そんなにお金はかからないのです。
ですから、ウォーターサーバーの電気代は、一ヶ月で大体1000から1500円程度といったところでしょう。

結構安いですよね。水道水を飲むのには抵抗がある、そういう方はウォーターサーバーの購入を検討されてはいかがでしょうか。

-ウォーターサーバー費用

Copyright© ウォーターサーバー料金比較!おすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.