軟水と硬水は、カルシウムイオンとマグネシウムイオンの量に違いがあって、少ないのが軟水、多いのが硬水、その間に中硬水という種類もアリ!硬度によって選び方が違うので、目的に合わせて使い分けるといいでしょう。

ウォーターサーバーの基礎知識

軟水と硬水の違いって何がどう違うのか

更新日:

テレビでよく目にする「軟水」と「硬水」のワード。
この違いはいったいどこにあるのでしょう。

軟水と硬水の違い水には、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれており、1000ml中にこの成分がどれだけ含まれているか、これを水の「硬度」と呼びます。
つまり軟水と硬水の違いは、この水の「硬度」にあるのです。

WHOが定める基準によれば、硬度が120mg/l以下が「軟水」、120mg/l以上が「硬水」となります。
カルシウムイオンとマグネシウムイオンが少なければ軟水、多ければ硬水ということですね。

みなさんは、水の飲み比べをしてみたことがありますか?
実は、軟水と硬水には明確な味の違いがあるのです。

硬水はどんな時におすすめ?メリットとデメリットまとめ
軟水はどんな場合にオススメ?軟水のメリットとデメリットのまとめ

水なんてみんな同じだ、なんて言わずに、どうぞ飲み比べをしてみてください。
軟水はすっきりとした味わいで、口当たりがよく、さらさらとした感じがします。硬水は、しっかりとした飲み応えのある感じです。

そのほか、硬水、軟水は、三段階に分けることもできまして、その基準は以下のようになります。

硬度0~100mg/l=軟水、101~300mg/l=中硬水、301mg/l以上=硬水。

軟水と硬水には、それぞれ特徴があって、特に赤ちゃんに飲ませる水に関しては、その硬度に気をつけなければいけません。
硬水は赤ちゃんの飲み物には適さないのです。

以上が、軟水と硬水の違いでした。
水を選ぶときには、その硬度にも注目してみてくださいね。

-ウォーターサーバーの基礎知識

Copyright© ウォーターサーバー料金比較!おすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.